夏に楽しむイタリアのアイスコーヒーCaffe Shakerato

夏に楽しむイタリアのアイスコーヒーCaffe Shakerato

 


ミラノは連日、35度を超える真夏日が続いています。

眩しい日差しを感じながらマティーニグラスで味わう、スタイリッシュでエネルギッシュな「カッフェ シャケラート」。

この時期にぴったり夏の暑さを解放してくれるイタリアスタイルのアイスコーヒーをご紹介します。

 

 

Caffe Shakerato カッフェ シェケラートとは


英語の動詞「shaken」とイタリア語の男性名詞「o」で終わる名前の「Shakerato」、それはまさに作られる方法です。

 


シェーカーに、氷・砂糖・エスプレッソを入れます。カクテルシェーカーでエスプレッソのショットと氷を一緒に振ると、淹れたてのエスプレッソをすばやく簡単に冷やすことができます。さらに、シェイクすることでエスプレッソが泡立ち、風味豊かになります。


そしてマティーニグラスに注ぐと、グラス上部に明るいアンバーカラーのクレマが浮き上がり、スタイリッシュなアイスコーヒー「カッフェ シェケラート」が出来上がります。

冷えたエスプレッソは、エネルギッシュな味わいで夏の暑い季節に最適です。


 

淹れたての熱いエスプレッソを使用したアイスコーヒーですが、氷はグラスに入っていません。

エスプレッソを氷とシェイクして急速に冷やして提供するため、氷でコーヒーが薄まることはありません。 

通常のアイスコーヒーと大きな違いがそこにあります。

 

 




シェイクする目的は


淹れたてのエスプレッソを使用するため、氷と一緒にシェイクして急速に冷やします。

急激に冷えたエスプレッソは、シェイクすることにより空気を含みクリーミーなフォームが出来ます。

そしてエスプレッソと砂糖の激しい揺れで粘度が上がりより細かい気泡を作り上げます。


Hazelnut_crema_caffe

ビロードのような泡で覆われたテクスチャーに変化し、大胆なエスプレッソの風味が少しまろやかになりコクのある香りが際立つコーヒーに変化します。

シェイクして出来上がったフォームとエスプレッソがグラスの中で綺麗な2層になるのも華やかな魅力の一つです。

 

 


カッフェ シェケラートのバリエーション


シェケラートはバリスタの腕の見せ所。同じレシピでもエスプレッソの淹れ方やシェイクによってフォームやフレーバーが異なります。

オーダーをすると、ドルチェ(スイート)かアマロ(ビター)どちらが好みか聞かれます。

好みをバリスタへ伝えて、砂糖なしでオーダーすることも可能です。

 

基本的なカフェシェケラートに何の問題もありませんが、マティーニグラスにアルコールを入れないのなら、マティーニグラスを使う意味はないのでは?

カクテルグラスでアイスコーヒーを飲むのは物足りない場合は、好みのリキュールを少し加えるとアクセントのあるシャープなアイスコーヒーへと変化します。

 


一般的な夕食後の飲み物「カフェコレット」。

エスプレッソにグラッパ、ブランデー、またはサンブーカをたっぷり注ぎます。

アイスコーヒーに加える「フレーバーシロップ」の種類が無限にあるのと同様に、さまざまなリキュールも遊びのある味に変化するヒントにつながります。

 


シェケラートがよりクールなテイストになるための組み合わせがあります。

バニラリキュール、クリームベースのベイリーズ(Baileys)などの上品な甘さのリキュールを追加します。

エスプレッソとスイートなフレーバーがクロスした大人のコーヒーへと変化します。

 

マティーニグラスを使用したファンシーなドルチェ感覚で楽しむカッフェもあります。

ソフトクリームのようなクレマカッフェとココアパウダーをトッピングしたカッフェ。

ヘーゼルナッツをグラスにトッピングしたエスプレッソとミルクのクレマが入っているカッフェ。

どちらも冷たくて甘いクレマと口に広がるエスプレッソのフレーバーが、暑い体を潤してくれます。

夏になると、バーやレストランでユニークなカッフェを楽しめます。

 

 

簡単にシェケラートを作ることができます。


エスプレッソショットを作ることができない場合は、モカやエアロプレスなどの他の形態の濃縮コーヒーを使用してシェケラートを楽しむことができます。


 

●用意するもの

カクテルシェーカー

カクテルストレーナー

ダブルショットエスプレッソ

小さじ23杯の砂糖、または10mlのシロップ

68個の角氷

 

氷の半分をカクテルシェーカーに入れて砂糖を加えます。

熱いエスプレッソを上に注ぎ、シェーカーを密封、完全に冷えるまで1020秒激しく振る。

カクテルグラス、クープグラス、その他のガラス容器に、あらかじめ残りの氷をグラスに入れて冷やし、氷は注ぐ前に取り除きます。そして、グラスにシェケラートを注ぎ完成です。シェケラートは、保管はできないのですぐに風味とテクスチャーを楽しむのが美味しさの秘訣です。

 

 

 


今年の夏はシェケラートで暑さを乗り切ろう


ランチ後、午後の休憩、ディナーの後など様々なシーンに合ったバリエーションがある夏限定のアイスコーヒー。

ミラノの朝食には、カプチーノとブリオッシュが定番ですが、夏の間はカフェ、ペイストリーショップ、バーで午前中からシャカシャカとカクテルシェイカーをシェイクする音が響き渡り、バーカウンターやテーブルでシェケラートが入ったカクテルグラスを片手にブリオッシュを頬張るミラネーゼを多く見かけます。

そして、午後の休憩はビターなシェケラートで目を覚まして、ディナーの後はリキュールの入ったシェケラートを夜風とともに堪能。

 


アイスコーヒーのバリエーションの1つとして、コーヒー文化の発祥地であるイタリアのスタイリッシュな「カッフェ シェケラート」を是非貴店でもご提供ください。

暑い毎日をフレッシュな時間にしてくれます。