ブリスケとは⇒「肩バラ」のこと。前足の付け根部分にある胸肉。脂肪が多くてやや固い場所でもあります。
赤身、脂身がほぼ半分半分です。噛めば噛むほど味が溢れる部位です。肉質がきめ細かく、脂と赤みのバランスに優れています。

少し気温が下がったら煮込みのおすすめメニューとして使える商材だと思います。
(硬めの肉質の為、ローストよりも煮込み用としてお勧めします)


 

コメント)
焼きで使うには少し固めなので煮込みが良いでしょう。
もちろんコンフィにしても美味しく召し上がれます。


冷凍)オーストラリア産仔牛ブリスケ 約2kg前バラ正肉

  • 商品コード5344

冷凍)オーストラリア産仔牛ブリスケ 約2kg前バラ正肉

商品備考1 商品コード:5344
商品備考2 ¥1780⇒特価¥1480/㎏

調理例①)仔牛バラ肉とサルシッチャのボッリート

 

鍋に仔牛バラと香味野菜を入れ、ひたひたになるまで水を入れ煮込む。
時間は結構かかります。仔牛バラ肉が柔らかくなったら肉を取り出し 鍋のスープを漉す。
仔牛バラ肉の繊維質の部位はツナ仕立て、とろっとしている部位はボッリートに回す。
ボッリートはスープを鍋に戻しサルシッチャと野菜を入れ煮込む。
サルシッチャに火が通ったら仔牛バラ肉を入れ温まったら出来上がり。
メインディッシュにぜひ。


調理例②)仔牛バラ肉のツナ仕立て

 

仔牛バラと香味野菜を入れ煮込み、繊維質の部分を使用。
ツナ仕立ては繊維質をほぐし酸味を利かせたサラダと共に前菜に。