チーズセット

毎月、旬のチーズをセットにしてお届けいたします。

1月のチーズセットA

ビアコソットボスコ ホール 約300g
  • 乳種: 牛乳・山羊乳製
  • タイプ: セミハード
  • 産地: ピエモンテ
黒トリュフをこまかく刻んだものと、牛と山羊のミルクの贅沢なチーズ「ビアンコ ソットボスコ」。トリュフの魅力的な香りがしっかりと感じられます。中身はくずれるようなもろい組織で、山羊乳からくる軽い酸味に素朴な趣がありますが、後から感じられる芳醇なトリュフの香りが口の中に広がります。牛乳の中に山羊乳を混ぜるのは北イタリアのこのあたりの地域ではよく行われますが、どちらのミルクの良さも引き出してある上品なチーズです。そこに北イタリアの名産トリュフを贅沢に加え、擬灰岩(火山岩)でできた理想的なカーブで熟成をします。この熟成がポイント、しっかりと入れ込まれたトリュフの香りがチーズの中に閉じ込められていくのです。このチーズはこのまま薄くスライスしてワインと共に、またパスタの仕上げに、卵料理に合わせればグレードアップ間違いなしです。

パリエッティン 約200g
  • 原材料: 牛乳・羊乳・山羊乳製
  • タイプ: ソフト
  • 産地: ピエモンテ
3種のミルクを使った円盤状のチーズ。表皮は薄く、軽く白カビがかっています。生地は柔らかく、熟成が進むととろけるようになります。塩味も軽く優しい食べやすいチーズです。ピエモンテ州の家庭で製造され受け継がれてきたチーズの一つです。

サティロ ハーフカット 約 250g
  • 原材料: 山羊乳製
  • タイプ: ハード
  • 産地: ピエモンテ
山羊乳を使ったセミハードチーズです。熟成の若いうちは、白い表皮に軽い黄色で生地も白くデリケートな味わいですが、熟成が進むと表皮はオレンジ、生地はねっとりしてきます。山羊特有の津用意個性は残っていますが、表皮からくるであろう香ばしい風味が加わって、とても余韻のある味わい深いチーズに仕上がっています。

1月のチーズセットB

カプラルピナ ハーフカット約200g
  • 原材料: 山羊乳製
  • タイプ: セミハード
  • 産地: ロンバルディア/li>
新鮮な山羊のミルクだけを使って製造されたカプラルピナ。山羊を意味する“capraカプラ”と高山やアルプスを意味する”alpinoアルピノ”が名前の由来です。マイルドな口当たりで、程よい酸味と山羊のミルクの個性を感じる味わいです。塩味もしっかりしているので、ニョッキやフォンデュにもおすすめです。

スタンガ・アッレ・エルベ 約200g
  • 原材料: 牛乳製
  • タイプ: ハード
  • 産地: トレンティーノ
アルタプステリアといえばイタリアのスキースポットとして世界的に有名な地域。標高の高い山々に囲まれており、サン・カンディドという場所で作られました。パセリやセロリ、シブレットなどたくさんのハーブが牛乳製の甘みのある生地に練りこまれており、見た目にも楽しい食べ応えのあるチーズです。そのままでも熱しても魅力を発揮します。ホールは円ではなく可愛らしい長方形をしています。

プリモ・サレ 約 200g
  • 原材料: 羊乳
  • タイプ: セミハード
  • 産地: シチリア
口に含んだ瞬間、良質なミルクの甘い香りが口いっぱい広がります。濃縮したミルクのような風味がふわっと。口の中に含んでいると羊乳の脂肪分か溶けていくような感じです。羊乳のくせはありますがシェーブルタイプのチーズほど強くなく、逆にコクがミルキーで牛乳チーズでは物足りないと感じる方にはお勧めです。塩味も程よく羊の出産シーズンは2月~3月です。春からが羊乳のシーズンです!熟成期間を考えてもこれから夏に向けて羊乳チーズは旬ですね。

表示件数
並び替え

冷蔵)季節のチーズ3種セットA(1月)

  • 商品コード7137

冷蔵)季節のチーズ3種セットA(1月)

商品備考1 商品コード:7137
商品備考2 Aセット¥3980
数量 (箱)

冷蔵)季節のチーズ3種セットB(1月)

  • 商品コード7138

冷蔵)季節のチーズ3種セットB(1月)

商品備考1 商品コード:7138
商品備考2 Bセット¥3980
数量 (箱)