馬肉特集

カナダ産の赤身馬刺しが入荷しました。イタリアで馬肉はピエモンテやサルデーニアでも食べられる人気のお肉です。さっぱりとしてほのかな甘味、 毎日食べても飽きのこない赤身肉は急激な温度変化で解凍すると肉質や色味に変化が出てしまうため氷水などでじっくりと解凍してください。


※原料カナダ・ウルグアイ・モンゴル産 

 

コメント)解凍してもドリップはほとんど出ません。赤身なのでさっぱりとした味わいで、臭みも全くないお肉です。



調理例)赤身馬刺しのカルネクルーダバットゥータ


【ペアリング考察】
牛肉、豚肉、鶏肉などと比べてカロリーや脂肪が少なく、タンパク質やアミノ酸、カルシウムと鉄分が多いという特徴を持っています。
今回の商品は火入れをしなくても良い食材として、画像のようにカルネクルーダやカルパッチョにするという料理法が考えられます。

旨味が強い肉だからこそ、程よい果実味がありながらも鉄分に調和できるような個性のあるワインを選びたいですね。 また瑞々しさや柔らかさも食材の魅力なので、過度なタンニンは不要かと思います。 花崗岩土壌で造られるロゼや赤ワイン、チーズを添えるならばややアロマティックな白ワインも良いでしょう。



これらの考察から5種類のワインをおすすめさせていただきます。

・白ワイン① Sammarco Verdeca Salento サンマルゴ ヴェルデカ 商品No.35934
・白ワイン② Deltetto Roero Arneis Daivej デルデットロエロアルネイス 商品No. 35227
・ロゼ La Grazia Costa della Sesia Rosato ラ グラツィアコスタ デッラセージア 商品No. 12009
・赤ワイン① Barbera dAsti DOCG Evolution バルベーラダスティ エヴォリューション 商品No.12201
・赤ワイン② Pala Oltreluna Monica di Sardegna パーラ オルトレルーナ モニカ 商品No.21242

表示件数
並び替え